Search
Search Menu

プロジェクターの選び方の詳細な解説

かつてプロジェクターは映画をこよなく愛する方が自宅の視聴環境を整えるために高額な資金を投じて買い求めていましたが、今ではすっかり低価格化が進み誰もが気軽にホームシアターの環境が整えられるようになりました。

一台あれば自宅での本格的な映画監督の他にモニターでは実現不可な大画面でゲームが楽しめたり、ビジネス面においてもビデオチャットなどで活躍し公私共に手放せなくなります。
そこで導入時に気になるのがプロジェクターを選ぶ基準なのですが、大まかに分けるとビジネスと趣味で違いがあり、仕事で使うことを前提としているのなら金銭的に安く済ませられます。
その理由は解像度が高くなくても良いのでグレードが低いモデルも十分選択肢に入れられる上に、ビデオチャットでは明るさもそれほど重要にならないためです。
接続端子についてもコンピュータと繋げられれば事足りるので、安価かつサイズが物理的に小さなものが選択肢に入れられます。

一方、プライベートでエンターテイメントを楽しむ目的が第一なら選定する上でのポイントが一気に増幅し、端子の種類についてもゲーム機など長い目で見て接続機器を考慮しなければなりません。
そして、解像度についてはフルハイビジョン以上で投影できるプロジェクターが最低基準となり、明るさも具体的には2500ルーメン以上のものにしてください。
また、プロジェクターならではの壁一面に映すなら100インチ相当になるので、投影距離は3メートルの製品にしましょう。
ただし、近年では1メートルしか投影距離が確保できなくても100インチのサイズになるプロジェクターもあるので、お部屋の広さに応じて選ぶようにします。