Search
Search Menu

プロジェクターの需要が増えつつあります。企業がプレゼンなどで使用する以外にも、自宅の部屋をホームシアターにするケースなども多く見られるようになりました。しかし初めて購入する場合、どの製品が良いのか分からない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、プロジェクターのメーカーに詳しい博士が、選ぶ際に参考になる情報を紹介します。

実際に購入したりレンタルしたりする段階になって気になる人が多いのはメーカーではないでしょうか。家電製品はメーカーによって製品の特徴が異なります。それはプロジェクターも例外ではありません。なるべく評判の良いメーカーのものを選びたいと考えるのが自然です。しかし具体的にどこが評判が良いのか分からないことも多いでしょう。その場合はエプソンを選んでおけば無難です。エプソンといえばプリンタのイメージが強いですが、実はプロジェクターの分野においても非常に高いシェアを誇っているのです。もちろんその人気を裏付けるだけの技術力を持っているので安心して使用できるでしょう。たとえば目に優しい映像を投影する技術などを保有しています。発売している製品の種類はとても多いです。スペックも幅広いので、自分の用途に合ったものを選ぶと良いです。とりあえず映れば良いというのであれば、エントリーのタイプでも構いません。逆に高精細が映像を映したいなら、4kに対応した高スペックのものを選ぶ必要があります。このように、どのようなユーザーに対しても適切な製品を用意していることがエプソンの最大のポイントといえるでしょう。

エプソンと同じく、プリンターを手掛けていることで有名なリコーも製品を発売しています。こちらも高い技術力を持っており、製品にその特長が現れています。たとえば、スクリーンまでの距離があまりなくても綺麗に投影する技術はとても評判が良いです。狭いオフィスなどにおいて抜群の役割を果たすことになるでしょう。本体が小さい傾向があり、取り扱いも非常に楽であるといわれています。

その他に、家電メーカーであるNECも製品を発売しています。こちらもラインナップが非常に豊富なのが特徴です。業務での使用を想定した最高水準のスペックの製品もあるなど、上記2社と同様に高い技術力を保有していることで有名です。他にも素晴らしい製品を製作している企業は複数ありますが、知名度や技術力を鑑みると今回紹介した3社がおすすめといえます。